尾瀬に行ってきた!その2 

2-1
2日目は早朝に山荘を出発。
尾瀬沼~尾瀬ヶ原を踏破して鳩待峠へ抜ける約15kmの道程です。



4時半に起床し、大腸の神様の降臨を祈る。
熱いお茶を飲んだりしたが・・・

お告げ来ない( ;∀;)

5時半、タイムアップ。
お決まりですが爆弾を抱えての出発です。

本気の山登りに手を出せないのは、やはりトイレ問題に尽きるね。

2-3

だーれもいない。
時折水鳥がフワ~っと飛び立ち、何なんだココは天国か?
朝靄に浮かぶ尾瀬沼は息を呑むような美しさです。

2-2

浮世離れした光景にあの世か夢の中かとうっとり

するも・・・

無数に落ちているんだな。湯気も出んばかりに新鮮な「アレ」が。
痕跡から推定するとレトリーバーよりちょい大きめな生き物。
フォルムからして草食ではない。

もう絶対コイツ→(´(ェ)`)

草むらだらけってのに何で道のど真ん中にするかね
見て欲しいのか?踏んで欲しいのか?
進むほどに鮮度が上がっていく。遭う?遭っちゃう?!マテ!心の準備が!
現実に引き戻されるのであった。

2-4
徐々に霧が晴れてきた。
紅葉の時期はすごいだろうな。

尾瀬沼を抜けて白砂峠へ、雨が降ると沢になりそうな岩場アリ、ちょっと登山気分にもなれます。ブナ林をてくてくと。熊はおっかないし、腹ぺこだし、ハイペースで歩いてしまった。

2-5
2時間ちょっとで、尾瀬の中心地の見晴に到着。
山小屋や茶屋がたくさんあって、きっと賑やかな休憩ポイントなのでしょう。
店も開いてないし誰もいなかったけど(;^ω^)

2-6
お待ちかねの朝ごはんー(゚∀゚)おにぎりべんとー!
モリモリ喰ったらお告げもきたぜ!

2-7
いよいよ、尾瀬ヶ原へ入ります。
どーーーんと原っぱ!一本道!
日を遮るものがないから結構キツイっす。

2-8
見晴を振り返るとこんな感じ。

2-9
尾瀬ヶ原へ入ってからも1時間ほどは誰とも遭遇せず。独り占めは嬉しいやら怖いやら。竜宮を越えたあたりからは徐々にコチラへ向かってくる人が現れ始めて、少しばかりホッとしたほど。

後半は課外授業の中学生軍団が大挙として押し寄せて騒々しかったけど、いい加減ぼっち疲れしていたので賑やかで良かったよ。

2-10
:(;゙゚'ω゚'):賑やかでヨカッタヨ。。。
熊に遭うことなく帰還。

尾瀬。すごい良かったです。
絶対また行きます。ってか今すぐにでも行きたい勢い。




スポンサーサイト

コメント

大腸の神様 を、 太陽の神様 と、読み違えたまま4行読み進んで、読み直した。 やっぱり和菓子だった!

やっぱオレだったー(`Д´)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する