高尾山第二弾:陣場山~高尾山縦走なり。 

陣場さん1

は、は、晴れたぁぁぁ(゚∀゚)
日頃の行いの良さは察するに余りあるが、ひょっとして私は晴れ女なのか?

逃してなるものか。
2度目の高尾山へ、陣場山in・高尾山outで行ってきました。
今回も20kmを歩き倒します。


陣場さん2

高尾山界隈で最も高いのが陣場山、その縦走が一番のロングコースです。
標高グラフを見るとお分かりのように、逆スタートの高尾山inから行くと、地味な上りが延々続きます。暑いじゃん辛いじゃん(;^ω^)下り多めの楽な方を取りました。


3時半起床。4時半の始発に乗ります。
腸を目覚めさせようと濃いコーヒーを飲み、ヨーグルトをモリモリ食べ、トイレの神様に熱烈な祈りを捧げたら、奇跡的に啓示を得ることが出来た。

「俺?まだまだ行けるよ?」快腸が発する不吉な感触も抱えて出発です。

陣場さん3
籐野駅到着。電車を降りたら実家の匂いがした。湿気を含んだ夏の田舎の青臭い匂い。

陣場さん4
こういう神社の階段を見るとワクワクするよね。
懐かしい気分で沢沿いの県道を歩くこと30分。

陣場さん5
陣場山登山口に着きます。
6時、登頂開始。
しばらくは舗装された里山の坂を歩いていくよ。

陣場さん6
いよいよ山道へ。

だーーーれも居ないので(怖い)ブツブツと独り言を、ブツブツを超えるボリュームで発して進みます。何かの糞がそこら中にあるのだもの。さくらんぼの種満載のやつ。
森の熊さんかもしんないじゃん:(;゙゚'ω゚'):


陣場さん7
7時半、陣場山山頂に到着!
山頂には馬のオブジェが鎮座しております。
こっちで見ると前衛的。

陣場さん8
こっちから見ると・・・何か・・・卑猥・・・

極太ギョニッソときゅうりを両手に握って朝飯を食う。
(もぐもぐ)
再び訪れる天の声。

何だって毎度毎度こうなんだ!私にとっての山は本屋なのか?!

お世辞にもキレイと言えないボットンで半べそかいた(´;ω;`)

休憩30分
8時、景信山に向けて下山開始。梅雨入りにつきグズグズした箇所アリ、すれ違いのトレラン民の膝が泥で汚れているのを見て転ぶ前に軍手装着。

9時半景信山着、からの高尾山へ。

高尾山に近づくにつれてワンサカ人が増えていく。老いも若きも国籍も色々と。

「ワタシ、20年くらい前、ザリガニになりたかったヨ!茹でると赤くなるカラ~!」
フィリピーナ(推定40オーバー)の会話です。

一体どういうことなんだ (; ・`д・´)―――!!!

11時過ぎに高尾山頂着。今日もフェスって足の踏み場もないので早々に下山開始。
彼女がザリガニになりたかった理由を考えていたら、あっという間に着いた。

13時、本日の登山終了。

帰宅、ビール呑む、牛肉を焼いて食う、ワイン呑む、アイス食べる、腹いっぱいで20時には寝る、泥のように眠る、起きても起きても夜、12時間寝た。

来月はどこへいこうか。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する