うどんを食べに山にのぼってきた。 

nabe1

同僚と鍋割山へいってきました。
頂上にある鍋割山荘の鍋焼きうどんが名物です。
雲ひとつない快晴!
ビッカビカな富士山を拝めました。



日の入りは16時半なので12時登頂→13時には下山開始→16時麓着が目標。

登山口の最寄駅までは電車で1時間ちょい。

渋沢駅で降りて「大倉」からのルートを辿る予定が、おしゃべりに夢中でまさかの乗り過し!やむなく、隣の新松田駅で降りて「寄」からの出発へ変更しました。駅でトイレを済ませるべし!頂上までトイレのないルートです。

自宅を出発するときから既にですね、ウン様がスタンバってる気配を感じておりましてですね、駅のトイレで何とかご退出いただきたいところだったのですがね、大行列でしてね、バスの時間もあるし

えいままよ!バスに乗り込む。

運よく登山口にもトイレがあったので、出来る限りを尽くしてはみた。
鹿の糞みたいなのが・・・ゲフゲフゴホン。

第2陣が容易に予感できる成果に不安が残るも、時間は限られていますから!
いつまでも次の波を待つわけにもいかず、出発です。

nabe6
気持ちの良い農道を歩いていきます。柚子がなっていたりして、焼酎で割りたいねーなんて話しつつテクテクと。
前を歩くおじさんがベテランハイカーな感じの方で、しばしこの人をつけて進んでいきました。
山道に入った途端に撒かれた。
わたしたちが登頂する随分前のところで、早くも下山するおじさんと擦れ違い「おつかれさま~(´∀`)がんばって!」ってご挨拶してくれました。

nabe4
紅葉の盛りは過ぎており、薄茶けた山並みです。

結構な傾斜が続き、うおー辛い!足が上がらないー!とはなったけれど、息はあがらないことに気づいた。
ジョ、ジョギング様々やでぇ(´Д⊂ヽ


そしてもうひとつ、気づいたことがある。

頂上まで1.7kmの標識あたりだろうか。

スタンバイOKでーす(^ω^)

第2陣が・・・
俺を呼んでいる・・・?

いやいや、全然OKじゃないっすから:(;゙゚'ω゚'):

気のせいだ、コレはキノセイだ!実じゃない!空気だ!
言い聞かせつつ、
最悪アレか・・・?死角はあるか?風向きは?


頂上まで0.8kmの標識を通過するころ

「わがっさん!辛いっす!無理っす(; ・`д・´)」
同僚の体力は限界。

「私、別の意味でそろそろヤバイっす(;^ω^)」
私の耐力も限界。


「えwwwちょwww先行ってwwww」

同僚を残し、ラストスパート(そりゃもうスゴイ速さだったwとのこと。)
無事(トイレに)ゴール!!!

登頂の喜びっつーか、人としての尊厳を保てた喜びでした(ノ´∀`*)

nabe2
すっきりした後、同僚と合流し、メインイベントの鍋焼きうどんを注文。

nabe5
紅葉ラストウィークの頂上は大混雑。全員が鍋焼きうどんが目的なものだから、うどん待ちの大渋滞であります。
予定していた13時下山開始は当に過ぎ1時間が経過。

これは日の入りに間に合わない、諦めて下山すべきか・・・・1時間半待って14時に、ようやく我々のうどんの番が回ってきた( ;∀;)

nabe3
鍋割山荘名物鍋焼きうどん。千円也。

コシもへったくれもないうどんに、具はかぼちゃの天ぷらにお揚げときのことネギ、玉子です。
味付けは私が苦手な市販の甘ったるいめんつゆ100%。

コレがほんとーに美味しかった(´Д⊂ヽ

空腹に加え、1分でも早く下山せねばの焦りも相まって、猛烈な勢いでガッついたよ(舌やけどしてヒリヒリ)

20分後には下山開始!休憩なしで麓を目指します。
ハイペースで頑張った!日の入りと同時に麓着のギリギリセーフでした。


ウン様ヤバし!!で終始したけども、すごーく楽しかったです。
ジョギング効果が実感できたのも収穫でした。

翌日、筋肉痛もそんなに酷くなかった!
嬉々として走ってしまった(´∀`)

うん。。。筋肉痛は今日、ガッツリきました。

やっぱ、年には勝てないらしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する